9月14日をもちまして、高槻阪急での展示会が無事に終了いたしました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

このような宣言発令中ではございましたが、たくさんの交流ができ、とても充実した期間になりました。


また、今回ご一緒させて頂きました、川中泰幸さんと池原悠太さんには、期間中とても優しく接して頂き、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

お二方には改めて感謝を申し上げます。そして一週間お疲れ様でございました。


高槻のお客様はとても良い方ばかりで、昨年の展覧会を覚えてくださっていた方、もう一か月以上も前なのにテレビ放送を観てくださり足を運んで下さった方もいらっしゃいました。


高槻という土地には、展示会でほぼ初めて通ったのですが、住んでいらっしゃる人々の魅力に改めて気付くことができました。



この展示場があってこその展示会ですので、高槻阪急百貨店と、今まで展示会を繋いできたアーティストの皆様に感謝を申し上げます。




また来年も…と思ってはおりますが、その時にならないとわからないことも多く、約束が出来ない歯痒さもあります。



私は様々な土地での作品展開の機会に恵まれておりますが、通うという機会は稀ですので、本当に良い経験ができました。


また高槻で展示会をやりたいという意思は持ち続けて今後も活動に励みたい所存でございます。





神戸、大阪で作品展開が連続し、とても最良とは言い難い世情ではございましたが大変充実した夏になりました。


私は海外での活動も視野に入れて今まで頑張ってきたのですが、日本国内を疎かにするつもりは無く、場所を問わずに作品展開をしてきました。


現在海外での活動は悔しくもストップせざるおえない状況ですが、そんな最中だからこそ改めて国内のそして地元関西からのエールに気付くことご出来たと思っております。


出来ることなら、日本全国を行脚したいところですが、まだまだご縁が実っていない土地がたくさんあります。


今後どんどんと土地とのご縁を広げていきたいと考えておりますので、もし気にかけて頂いております皆様のお住まいのお近くで開催が叶った際には、お立ち寄り下さいませ。


展示会の報告は追ってさせて頂きます。





しかしながらやはりこの時期になると、海外へ行けないもどかしさが爆破してしまい、ふと寂しくなる瞬間がございます。



国内にいてもふと、異国の香りを感じてしまう時があり、その都度いろいろと思い出がフラッシュバックしてたまらなくなります。




本来なら…本来なら…と考えるだけでとても悔しく、自分だけではないことは重々承知しているのですが…


自分だけが海外へ行けないのではなく、みんなが制限されている状況だとは言え、それでもみんなその分年齢を重ねるわけです。

私が毎年のように切り絵教室をさせて頂いていたスペインのマドリッド日本人学校の生徒様も同じように進級や卒業をしてしまうのです。


そう思うと、毎年生徒様の成長を見ることが楽しみだった私にとっては、学校を卒業してしまう方がいるという事実がとても寂しく思えてしまいます。


必ずしも二度と会えなくなるというわけではないのですが、距離が離れ過ぎていることもあるので、そう考えてしまいます。


はやくスペインのみんなに会いたいです。


FullSizeRender
IMG_5061
IMG_9732
FullSizeRender
(2019)





元気でいてくれてるかなあ





ロンドンやストックホルムでの展示会開催も予定して頂いていたのですが、それもいつか叶うことを願っております。


このように私の切り絵で様々な土地と繋がれることは、本当に有難いことだと思っております。




国内であれ、国外であれ、知り合いが増えていくこと、ご縁が広がっていくことこそ、私の活動の原動力になっております。




流行り病の影響か、切り絵作家としての認知や評価に固執する気持ちは薄らいでいっているような…浄化されていっているような気がします。


他者にとって影響力を持つような人物になるよりも、自分が自分を超えていけるような意識を持って日々に尽くしたいです。



いや…しかしだからといってSNSのフォロワー等を気にしていないわけでは無いですがね…笑


純粋に気にかけて下さっている方が増えるのは嬉しいです。




今後も良い活動を皆様に見守って頂けるように、自分で自分を奮い立たせて精進いたします。







2021年もあと3ヶ月と少しです。


来年は初めましての土地での展開や大きなチャレンジも決まっており、それに向けて机に向かいます。



年内の展示としましては、大きく作品展開をするのは今回の高槻が今のところ最後でした。

しかしギャラリー企画の展示会等には参加する予定ですので、引き続きお気にかけて頂ければ幸いです。


都度ご報告をさせていただきます。


ではでは