長い長い飛行機と、ネット環境が特殊な中国でのトランジット、そして雪がふっている北京から大阪へ帰って参りました。




北京寒い…




さて、今年も無事に全日程を終了しました。2019年のヨーロッパ遠征は、3カ国10都市を周りました。(モナコ公国を入れての3カ国です。)

そしてこのモナコ🇲🇨で、僕自身が訪れた国が20カ国になりました。
フランス🇫🇷🇫🇷🇫🇷🇫🇷🇫🇷
スペイン🇪🇸🇪🇸🇪🇸🇪🇸🇪🇸
イタリア🇮🇹🇮🇹
ポルトガル🇵🇹
ギリシャ🇬🇷
アルバニア🇦🇱
モンテネグロ🇲🇪
クロアチア 🇭🇷
ハンガリー🇭🇺
スロバキア🇸🇰
オーストリア🇦🇹
チェコ 🇨🇿
モナコ🇲🇨

タイ🇹🇭🇹🇭
カンボジア🇰🇭
韓国🇰🇷

アメリカ🇺🇸🇺🇸
カナダ🇨🇦
オーストラリア🇦🇺
ニュージーランド🇳🇿
です。

ずーっと昔から、このブログを読んでくださっている方は、もしかしたらほぼ全部ご存知かもしれません。

いろいろなご縁があって、これだけの国へ行くことが今まで叶いました。

まだまだこれからも活動を広げていけるようにいろいろと考えております。




と、話がズレました。戻します。



▼パリでの個展開催。

今回お世話になりましたのは、パリのマレ地区というギャラリーが密集している場所にある、SWAY galleryさんです。
マレ地区のどのあたりかと言いますと、ピカソ美術館の近くです。ペロタンギャラリーからも近いですね。

何故僕がパリのギャラリーで個展が開催できたのか、それは…
12/6にこちらで詳しいお話しをします。→ http://cho-sen-jo.co.jp/artist/(良かったら参加してね。)


パリの皆様のリアクションはとても良く、あとはもう少し購入に繋がるような見せ方ができればよかったかなと、反省と改善する点も見えました。
国内と海外では、作品に対するリアクションはほぼ同じです。(体感的に)
しかし、やはりビックリ人間として皆様驚いて下さっている風に見えましたので、そこから欲しいへ繋がる何かを海外目線で考えなければいけないなと感じました。

もっと自宅へ飾ることをイメージした形での見せ方も、考えていかなければなりませんね。


後、これからパリで個展をされる方にひとつアドバイスができるとしましたら…

「ヴェルニサージュは木曜日にするべし!」です。

土曜の方が人が来やすいのかなあ…とか、現地のことを何も知らずにフワッと決めてしまったのですが…(木曜日はちょっと約束があったということもあり…)
パリでは普通、オープニングパーティー的なこととしてこのヴェルニサージュは木曜日にするのがお決まりだそうです。

木曜日にしていたらどうだったのだろうか…と少し気になるところでしたが、今になっては確かめようがありません。


時すでにお寿司。



今回の個展を終えて、今後に繋がりそうなご連絡も頂くことができました。

来年は…と先の話ですが、少し考えられることを嬉しく思います。

開催にあたり、沢山の方々からアドバイスやご紹介を頂き、また新しい出会いがパリでもありました。

僕のことを気にかけて頂き、本当にありがとうございます。

ギャラリースタッフの皆様も、とても優しくして頂き、不安は少なく挑むことができました。

この寒い寒いパリでの15日間は今後も忘れることはないでしょう。
またさらにパワーアップして帰ってきたいです。



▼スペインでの切り絵教室

トラブルで1日遅れての到着になったスペイン…。出だしから少しだけ躓きましたが、本当に充実した期間になりました。


もうマドリッドへ来るのは5回目です。
毎度毎度、こうやって勝手にやって来る僕のことを、温かく迎えて下さるマドリッドの皆様。

日本人学校のみんなの顔ぶれも、初めて来た時とはかなり変わりました。

そして、あの頃はあんなに小さかったのに…いつの間にやら僕より大きい…という子もいて…。

成長恐るべしです。

やはり、毎年見ていた子が居なくなるのは寂しいです。
あぁ…この子は来年はいないんだなあと毎年思うのですが…寂しい…。


日本語補修校でもそうなのですが、いろいろなお子様の成長を見れるということが、こんなにも嬉しいことなのかと毎度感じます。


マドリッドの日本人会の皆様にも、毎年のようにお世話になっており、今年もお顔を拝見でき嬉しく感じております。


そして何より、今年はスペインで地道に続けていた切り絵教室が実りを見せてきたことが一番嬉しかったです。

マドリッドだけでも十分な活動はさせて頂いておりましたが、昨年のある出会いから南スペインとも繋がりました。


アリカンテやアルコイ、オンテニエンテの皆様はとても温かく僕のことを迎えて下さり、初めて来た土地なのにそうではない感覚になりました。


来年はもしかするとスペインの北や東、そして西などかなりの都市を周るかもしれません。



やはり僕にとって「切り絵」とは、自分のアートであると同時に、人と人を繋いでくれるツールにもなっております。


切り絵を通じてこそ出会えた人々は、国内だけではなく海外にも沢山います。


本当に切り絵と出会えたことには感謝です。



教えるということにも、課題が見えてきたとも思います。
今までやってきたことは一度忘れて、またゼロから授業のプランを考え直してみようかなと考えています。


誰目線でやっているかということを少し見失っていたのかもしれません。


また一年頑張って、来年はより良い形でスペインへ訪れたいです。







ここから告知です。


このような内容のお話しをする機会を設けて頂きました。

セミナーという形ではありますが、僕自身の今までの活動から得た経験や経緯をお話させて頂きます。

また、アーティスト(?)、作家(?)として生きるために、僕が大切にしていることや、自分を振り返ってみてあれが良かったのではないかなどなど、最後には皆様にもそれを当てはめて一緒に考えよう!という内容です。


海外の話やお仕事の話も包み隠さずにしようと思っております。


ご興味を持たれた方は、是非ご参加下さいませ。





さーて!やっと日本へ帰ってきました!


疲れた…なんかめっちゃ疲れた…。



年内の展示予定はこれにて終了です!


またどこかで会ったときには旅の話を聞いて下さいませ。



引き続きお気にかけて頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。