昨夜、深夜の飛行機でアテネへ。


そして素早い乗り継ぎの末、予定通りにギリシャ、サントリーニ島へ到着いたしました。



無事に荷物も受け取り一安心。





市街地までは悩んだ末にタクシーを選択。


バスがいつ来るかわからないので…少々割高ではありましたが…。



ビュンッと10分程でフィラに到着いたしました。


もうあれこれ考えている時間がもったいない!と思い、とりあえずレンタルバイクを借りることに。


原チャみたいなのを希望していたのですが…それが無くて…

IMG_0342

こんなゴツいヤツがやってきました。


慣れない右車線と、よくわからないアクセル…。


ハンドルも重く、めちゃくちゃじゃじゃ馬ですわ…。


なんとなく島の南の方へ

IMG_0341

時刻はまだ9時前、少しモヤがかった雲が島全体を覆っていました。


IMG_0343

波が荒い…。

IMG_0345

岩が赤い…

IMG_0346

うーん…なんとなくできてみたものの、なんだかよくわからないまま引き返すことに。


バイクにも慣れてきた。

ゆっくりゆっくり走って、気になったところで停めてボケーっとしていました。

IMG_0350

IMG_0347

IMG_0349


崖。


フィラへ戻ります。


とにかく荷物がデカイ…。とってもお邪魔だったので、ダメ元で今日泊まるホテルへバックを預かってもらえないか頼みに行くことにした。


よくわからない細い道。

猫がいた。

IMG_0353

ホテルの場所も入り方もよくわからん…近くのおばさんに聞いたら、「あのチャペルみたいなとこだよ。」と教えてくれた。

IMG_0373


チャペルや…


そこでハローを連呼したが誰も出てこない…。

仕方なくそれっぽい部屋へ行きノックをすると女性の従業員さんが出てきてくれた。


とりあえず「今日泊まる下村だ。荷物を預かってくれまいか?」と尋ねると
「もう準備ができてるから、チェックインしちゃいなよっ」と、本来の3時間も前なのにチェックインさせてもらえました。


ギリシャ 神。


ホテルの敷地内にはプールがあった。

IMG_0358


ひとまず荷物を置いてさっそくフィラの街へ!


バイクは置いておいた。歩いて向かいました。

IMG_0378

IMG_0361   

IMG_0363

IMG_0389

IMG_0382

キレイな街です。


FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0388


一通り散策をしたら、崖の下へ降りることに。

IMG_0367


下からドンキーが…

IMG_0371

この階段はとてもとても長いのです。

だからロバ達が大活躍。

下に降りたら港がありました。

あまりにも階段が長く、ここにいる元気はなかった…。

IMG_0392


港で船をお見送りし、あの階段をもう一度登る元気はなく、ロープウェイで戻りました。



まだ時間は午後2時を過ぎたところ。


とりあえず疲れたので、一度宿へ戻りました。



爆睡…20分ほど熟睡してしまった…。


ゆっくり休憩をして、今度は北の町、イアを目指します。


またまたバイクにまたがり…

IMG_0393

断崖絶壁を煽られながら走ります。

正直めちゃくちゃこわかったです…。風がめちゃくちゃ強い…それに後ろからの煽りがすごい…。



ぐるぐるとサントリーニ島を周りながら、やっとのことでイアに到着しました。


IMG_0395

ここの街並みもとても良かったです。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

僕はここで日が沈むことを待つことにしました。


IMG_0406

IMG_0410

IMG_0432


日没を待つ外国人達。


僕もここに2時間おりました。


寒くなってきた…

IMG_0433

IMG_0431

イアの街がオレンジ色になりかけてきたころ、僕はここを後にしました。


なぜなら…

帰りもバイクだからです…。

なんし寒い!そして、たぶん真っ暗になるだろう!
さらに山道!


なんとか暗くなる前に帰ろうと必死でパーキングまで戻りましたが…時すでに遅し…。


あたりは真っ暗になっていました。



バイクのライトは頼りなく、今日は風も強いうえに道路はガタガタ…すぐにハンドルが持っていかれる…。



案の定、来た山道には電灯がなく…。

ほんの2メーター先くらいを照らすバイクライトを頼りにに走るのです。



が…ゆっくり走っていると僕の後ろには大渋滞が…。



制限速度いっぱいで走っても大渋滞…。



ほんっっっとに死ぬかと思うくらいガクガク震えながらハンドルを握っておりました。



そんな時に限ってガソリンメーターがもうすぐエンプティーサイン…。




どうしよ…こんなところで止まったらシャレにならん…。

と、思っている最中にも後ろの車の群れは僕に無言のプレッシャーをかけてくる。



コワイ…コワイぜ…。


これが四輪車ではなく、普通の原付バイクなら…

たやすく追い越してくれるだろうに…(その分他の危険がありそうですが…。)


なんとか…なんとかフィラまで辿り着き、レンタルバイク屋へそのままダイレクトイン&返却!

こんなに扱いづらいバイクがあるんだな…
「アィム ソゥ タィアード…」と店員のお兄ちゃんに告げて夜のフィラをウロウロしました。


IMG_0426

夜のフィラはまるで宝石のようでした。

写真では全く伝わらないのが残念…。

癒された…。




本当に生きてて良かったレベルでアップアップしました…。
車の運転とは全く違った緊張感…(さらに最近良く車で事故をする夢を見るからよけいに…)


ただ、このサントリーニ島はとてもキレイなところでした。


こんなことなら、イアの夜景も見ておくべきだったと後悔してます。

僕はこの城跡でサンセットを見ていたのですが
IMG_0434


ここには各国様々な人たちがいたと思います。


お国が違っても、美しいものは同じなのだなと長く待ち過ぎたせいかガラにもないことを考えておりました。


特に熱狂的ファンではないのですが、タイミング的に…と思ってiPodへ入れていた安室奈美恵ベストアルバムがとても心に沁みました。


本当に素敵なところでした。

まだまだ見落としているところはたくさんあるんだろうなあ…。




またいつか来たいです。



明日は雨らしい…。船移動なのにぃぃ…。




晴れることを祈りながら眠ります。

おやすみなさいませ。



ではまた明日。